ライフスタイル

寝すぎる、朝起きられない。原因は「糖質過剰」と白米、塩などの「精製」

寝起きがシンドい人

以前書いた記事「【起立性?】朝起きられない」から数ヶ月経ち、あれから自分の身体で、試して分かってきたことが

(↑の記事では「塩不足」と書いていましたが、ほかにもいくつか要因があります)

結論からいうと

  • 精製(精製塩、白砂糖、白米)による栄養不足
  • 糖質の摂りすぎ

でした

あくまで個人の体感であること、万人に共通するわけではないことをご了承ください

 

寝すぎる、朝起きられないのは「糖質過剰」

寝すぎる、朝起きられない原因の炭水化物

自分ではコントロール不可能なくらい急落する「メンタル」を改善するために、半年以上かけて、食生活を変えてきました

辿った道のりは以下↓

  1. グルテンフリー
  2. カゼインフリー
  3. 砂糖・添加物控える
  4. ミネラル(ニガリから)摂る
  5. 玄米菜食
  6. 少食(1日1食か2食)

 

どんどん思考がクリアになっていき、ときどき思考がザワつくときは、直前に食べたものが原因である、と気づけるくらいになりました

 

急なメンタル低下に悩まされることが減り「自分のやりたいようにやったほうが良い」と強く思うようになって、多動の欲求を開放し、旅をしながら仕事をしてみたり(やってみたかったノマド)

基本的に

  • 朝は排出の時間
  • 少食の方が慢性疲労に悩まされない

などを体感しているので、旅先でも少食を心がけています

けど、旅先の珍しい食べ物を食べたい欲求で、食べてしまうときも。

 

とくに日本食が貴重なので、久しぶりに食べられることで食べ過ぎてしまったり。

すると、翌朝、

  • 起きにくい
  • 寝過ぎる

などに見舞われます

 

(※↑わたしの身体は、ミネラルが不足しやすい身体のようです。とくに、ミネラルのなかでもマグネシウム含有量の多いニガリを飲水に入れると「すぐにお腹すく」問題が減りました)

 

寝すぎる、朝起きられないのは、精製による「栄養不足」

寝すぎる、朝起きられない原因の精製米

食べ物を少なくする一方で、気をつけたいのが、栄養不足。

「ビタミンC」が足りない、など1つの栄養素に目が向きがちですが、栄養素同士が組み合わさって、吸収できることを考えるべきだと最近は思っています

そして、その栄養は「精製」されることで、圧倒的に不足します

精製されている食べ物の例は

  • 白米
  • 白砂糖
  • 精製塩(塩化ナトリウム99%の食卓塩)

など。たとえば、玄米のエビデンスという本には、玄米が精製されることで、不足してしまう栄養素について書かれています

玄米には豊富なビタミンB1、ビタミンB6、ナイアシン、葉酸、フェニルアラニン、チロシン、トリプトファンが含まれています。鉄、亜鉛、マンガンなどのミネラルも多く含まれています。(中略)玄米を精製して白米にしてしまうと、これらの成分がそぎ落とされてしまいます

出典:「医師たちが認めた『玄米のエビデンス』(Kindleの位置 No.1819)

created by Rinker
オーサワジャパン
¥1,430
(2019/11/08 15:33:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

白米にするなら、不足してしまう栄養素を野菜やタンパク質で摂りましょう、というのが定説ですが、

野菜の大量生産を可能にするために、化学肥料が多く使われる一方、腐葉土などのミネラルが畑に使われないために、年を追うごとに畑はやせ細っています

有機栽培の野菜を買うにしても高い…

じゃあどうするのか?というと

  • 玄米
  • 黒砂糖
  • ミネラル豊富な塩

を食生活に摂り入れるのが、手っ取り早いです

ただ、玄米は炊き方を間違えると、体調を崩すひともいるので、注意が必要です

以下の記事に、正しい玄米の炊き方を載せているので、参考にしてください

パニック障害の治し方を知りたいひとたち
【パニック障害の治し方】薬よりも「食事療法」でほぼ完治した方を紹介いつもツイッターで交流して、興味深い情報を流してくれるフォロワーさん(@hiruco77)がパニック障害を自力で克服されてるのが、とても...

(※ちなみに、パニック障害を食事で改善した方ですが、彼女の情報感度は鋭いので、参考になります。表皮にこそ、栄養が含まれているのではないか?と気づいたのも彼女のつぶやきからでした)

 

 

寝すぎる、朝起きられないのを解消する食生活

正直、玄米を食べつづけるのは、忙しいひとにとってシンドいものがあります

(私もちょうどいま、旅先にいますが、玄米を炊くヒマがありません)

参考になるか分かりませんが、私の1日の食生活を

  1. 朝起床(7時間くらいで目覚める…二度寝はなし)
  2. 朝食は食べず
  3. 飲水にニガリを入れて、ときどき飲む
  4. 11時近くにお腹が空いていれば、何かを食べる(糖質はナシで、野菜メインのもの)
  5. カフェで飲むドリンクにもニガリを入れる
  6. 17時近くになったら、夕食

 

夕食は、糖質と肉類を控えつつ(肉を食べすぎると、消化不良になる)なるべく野菜をとるようにしています

ただ「ぜったいに野菜を食べなくちゃ」と思うとシンドいので、不足しないように気をつける程度にしています

 

補足①

超絶、少食になっているようにみえますが、食べたいものがあるときは、適度に間食しています

そもそもクラスで一番太っているほど、過食傾向にあった人間で、過食を人に言えないほど「恥ずかしい」ことだと思っていました

が、過食は体内バランス(カルシウム:マグネシウム=2:1)が崩れているから、起こるのと、衝動性の問題です

食べ過ぎは「意志が弱い」かのように扱われていますが、栄養不足の要因を無視しています

過食を治したいひと
【過食を治す】←「ニガリ」が有効だった件。満腹なのに食べてた…小さい頃から、過食に悩まさて、ダイエットしてはリバウンドの繰り返し。過食を治すなんて、体質的に無理だと思ってました とにかく度重な...
ADHDの衝動性を抑えるのはストラテラだけじゃない【失敗談から判明】少し前まで、ADHDの衝動性を抑えるために「ストラテラ」を飲んでいましたが、整体でOリングテストを試したところ、ストラテラをお腹に抱くと...

 

参考までに、以下の本に「肥満の原因」が腸内環境にあること、鶏肉を太らせる薬を使っていることが人間の肥満に関係するのではないか、との仮説がたくさん載っています

 

補足②

ニガリが入った水を飲んでいると、何も入れていない水を飲んでいるときに比べて、水分を摂る回数が激減します

(「ミネラル」ウォーターを飲んでいるつもりが、ただの「ウォーター」だったのかな…とも思っています)

 

食生活の改善は、忍耐を試されているかのように感じますが、抜いてみて「変化に気づけるかどうか?」が続けられるポイントだと思います

永遠に食べられないワケではなく、減らすと「どうなるか?」を自分を顕微鏡でみるように、よく観察してみること

また食べてしまっても、罪悪感をもたなくていいし

「なんだか最近、調子悪いな?少し控えるか…」

という気持ちになれるくらいがちょうどいいと思います

 

この記事のまとめ
  • 寝すぎる朝起きられないの原因は「糖質過剰」と「精製」された白米、塩、白砂糖
  • 玄米、黒砂糖、ミネラル豊富な塩に置き換える
  • 食べ過ぎの問題は、本人の意志とは関係ない