発達障害の改善

【分子栄養学】発達障害の改善に「メガビタミン療法」を試してみる

メガビタミン療法のサプリ

この記事は、発達障害の改善に分子栄養学の「メガビタミン」を試してみよう、という記事になります

私の簡単な経緯は

  1. 発達障害にアレルギー持ちが多いことが気になる
  2. 腸内環境と発達障害の密接な関係の実験結果が次々に報告されていることを知る
  3. 腸内環境の改善に「グルテンフリーカゼインフリー」が科学では証明されていないものの、体感が先行していることを知り、試してみたところ、症状が軽減
  4. グルテンフリーでパンをやめるのをきっかけに「糖質を極力摂らない」に移行

という流れです

ADHD脳と腸
ADHD脳は「腸内環境」に支配されている。腸から脳への伝達に注目!ADHD脳は遺伝でしょ?と思うひとも多いかもしれませんが、発達障害を抱えるひとに「胃腸」の疾患が多くみられていることが分かっています(と...

ですが、発達障害の薬「ストラテラ」を飲まずにいられるほどではないのが気になっていました(アレルギーも相変わらず発生中…)

発達障害も分子栄養学「メガビタミン療法」が効くかも

分子栄養学のメガビタミンを試す

そもそも糖質の暴飲暴食に対する危機感から「過食の問題」にばかり、目が向いていましたが「自分に足りない栄養素は?」という視点が欠けていたかもしれない

そんなときフォロワーの「@hiruco77」さんから「食事改善で症状が治まりつつある」との有益な情報が。

そして、最も有益な情報をくれたのが「@OymHand」さんとのこと。

発達障害の薬いらずになる「メガビタミン療法」を知る

メガビタミンとは?

すぐに「メガビタミン療法」で検索してみると、KindleUnlimitedで借りられる本だったので、読んでみることに。

created by Rinker
¥1,296
(2018/12/15 09:39:25時点 Amazon調べ-詳細)

気になったのは以下の点。

  • 腸はタンパク質で出来ており、腸の粘膜は1日で入れ替わる。その材料はタンパク質なので、質的栄養失調が改善されれば、自然と腸内環境は整う
  • 糖質過多で、腸がダメになり、グルテンやカゼインを受け付けなくなる。グルテンやカゼインを避けるよりも、果糖・砂糖を避け、高タンパクで腸を改善する必要がある
  • 「高タンパク>メガビタミン>スカベンジャー※>糖質制限>腸内細菌」
  • アレルギーとは「栄養不足」で起こる
    ※スカベンジャーとは、体内のゴミやクズを拾い集める廃品回収業者のこと。高齢になると減り、癌になりやすくなるので、外から補う必要がある。最初は安い「ビタミンB、C、E」で始めるのがGOOD
    さらに、現在の野菜は、ビタミン・ミネラルが極端に少なく、水+食物繊維でしかないとのこと(単なる嗜好品とも)

@hiruco77さんのように、先を行かれる方から、ワクワクするような感想が!

さらに、分子栄養学による治療、症例集を読んでみると

実際に、栄養改善でADHDの子供が、落ち着いて、処方されていた「ストラテラ」を中止できる症例が。

H28よりADHDと診断を受け、他院でADHD治療薬ストラテラを処方されている。母親が 自分の本を読んで、高タンパク/低糖質食+プロテインを開始。

約1ヶ月でやや落ち着いた。H29.10、当院受診。フェリチン46。→アドバンストフェロケル 27 mg* 2 ~ 3 錠。3ヶ月後再検予定。3ヶ月後にはストラテラは中止できるはず。

母親が鉄不足ならば、子供も鉄不足になる。女の子に比べ、男の子は鉄不足に対して脆弱な ため、ADHD症状を呈しやすい。じっとしていられない、癇癪は鉄不足の症状そのもの。 男性のフェリチン50以下は、女性のフェリチン10以下に相当すると判断している。3ヶ月 ですっかり良くなるでしょう。

(出典:藤川徳美. 分子栄養学による治療、症例集 (pp.116-117). Kindle 版.)

 

正直、発達障害の薬「ストラテラ」をずっと飲み続けていいものなのか、不明なため何とか脱したい。そんなところに期待ができる事例が。

ストラテラを渡される人
【ストラテラ120mg服用中】2年しか服用できない説。動悸がするこんにちは、大人になってから発達障害と診断された、ぷり子@puriko_adhddです 以前「SNS疲れ」を起こしてから、遠ざかっ...

さらに、サプリを買って飲ませれば医者いらずとも。

ADHDの原因は、母親から引き継いだ「鉄タンパク不足」。3〜6ヶ月で確実に治癒する。 と言うより、親がiHerbでサプリを買って飲ませれば医者いらずで治せる。

(出典:藤川徳美. 分子栄養学による治療、症例集 (pp.122-123). Kindle 版.)

 

ここで一旦、自分のやっている食事改善を整理すると

のような感じに。さらに「@OymHand」さんからナイアシンも薦められたので、追加。

ちょうどいいタイミングで、つぶやかれていたので、サプリメントの飲み方も参考にさせてもらいます

以上、フォロワーの方の有益な情報で、新しい方向が見えたので、とりあえず自分の身体をよく観察しながら、試してみたいと思います(注:数年かかるという前提です)