発達障害の仕事

【発達障害の仕事術】を仕事でミスしてばかりの女が読んで、わかったこと

発達障害の僕が「食える人」に変わったすごい仕事術

借金玉さんの著作ー発達障害の僕が「食える人」に変わった仕事術ーをGFTD高崎の講師さんが貸してくれました

「発達障害のすごい仕事術」は、立ち読みでパラパラ程度だったので、ミスを減らしたくて、この機会にじっくり読んでみました

(借りた本や立ち読みの本の方が、買った本より知識の定着がいい気がするのは、自分だけ…?)

ミスを減らす本を読んでいくうちに、ぼんやり思っていたことが、借金玉さんのポイントを貫くような表現に「これだ、ずっと思ってたこと」という感じでスッと理解できるのが、快感です

発達障害がすごい仕事術「見えない通貨」

発達障害の仕事術に必要な見えない通貨

対人関係で失敗が多いわたしは、借金玉さんが表現する「見えない通貨」という言葉にハッとさせられました

人間の間で流通する金ではない何かを僕は「見えない通貨」と呼んでいます

見えない通貨の例

  • お礼
  • 褒め上げ
  • 面子
  • 挨拶
  • 敬意

とくに面白いと思ったのが「仕事を教わる」というのも一見タダのようにみえますが、1つの商品として売られているそうで、支払う通貨は「敬意」。

そして「敬意」を示すのに「褒め上げる」というのが、見えない通貨として支払われる

(教え方に「?」でも、相手は商品を売っているつもりなので、対価を支払うべきだそう…)

そして、もっと面白いのがホメるタイミングを「音ゲー」と表現しているところ(笑

褒める内容より、褒めるタイミングの方が大事だそう(内容は褒める回数が多くなると、スキルも上がるそうなので、まずはタイミングを音ゲーだと思い、見計らう)

何でもタダだと思って、受け取ってしまいがちですが、人は与えたものに対価が支払われないと怒る、これをしっかりアタマに叩き込んでおきたいです

(単純に自分のことでいっぱいで、相手が与えてくれていることに気づかない場合が多いのが厄介…)

人は与えたものに対価が支払われないと怒る

発達障害のすごい仕事術「ぶっこみメモ」

発達障害のためのメモ術

メモのポイントとして挙がっているのが

  • ぶっこみ
  • 一覧性
  • 一手アクセス

など。「まさにコレだ〜ぼんやり感じてたのは」という感じ。借金玉さんはスーツの胸ポケットに入るコンパクトな手書きのメモ帳をオススメしています(すぐ書けるのが最強)

メモも後でラクなように、何冊かのノートに分けて書いてみる時期もありましたが、「どのノートに書いたっけ?」というのが重なり、何度も挫折しました

1冊のノートに書き込んでいく方が、感覚的に書いているページを探し当てられます

(見つからなくても「このノートのどこかに必ず、書いたはず」で探し当てられる)

ただ、私が「ぶっこみ、一覧性、一手アクセス」というキーワードで連想したのは「Evernote」!メモの記事にも書いていますが、Evernoteは

  • ブログの下書き
  • スクリーンショット
  • ウェブページの切り取り

など何でも突っ込めて、キーワードで検索できます。さらに

  • 手書きの文字

まで検索できるのが、スグレモノ。

アイデアノートは大きいほど、最適と書かれていて、シックリきました。

思考が次から次へと連鎖していくときに、ノートが小さいと、広がる思考を抑えがちになってしまうのが、もったいない(オススメはA3のスケッチブックだそう)

created by Rinker
maruman(マルマン)
¥373
(2018/11/13 13:51:05時点 Amazon調べ-詳細)

ノートはきれいにとるな。思いつくまま書きなぐれ

メモって「記憶のフック」になるので、たとえ汚い字で書いても、前後関係さえ思い出せれば、芋づる式に出てきたりするものなので、かさばることを気にしてましたが、スケッチブックを持ち歩きたくなりました(エセ美大生?)

それと、どんなに些細なことでも、雑にメモしておくと「見える化」して残るので、些細なことでも雑にメモをとるようにしています

見えないものは存在しないと同じ

 

発達障害のすごい仕事術「ぶっこみかばん」

発達障害のためのかばん

高校生の頃から、PorterのPCバッグを使っています(数えたら12年!)

created by Rinker
PORTER(ポーター)
¥28,620
(2018/11/13 08:19:13時点 Amazon調べ-詳細)

このカバンは本当にPCの持ち運びに重宝してました(ショルダーにも、リュックにもなる)

だけど借金玉さんの本にあった、ひらくPCカバンに興味が湧いてしまいました

created by Rinker
abrAsus(アブラサス)
¥17,800
(2018/11/13 08:19:13時点 Amazon調べ-詳細)

発達障害に最適のひらくPCバッグ

ファスナーを開くと、フタが倒れ、二等辺三角形のバッグが開いた状態をキープします。
デスクの一番上の引き出しを開いたまま作業する感覚。
公園のベンチでも、オフィスでも、お気に入りのツールにすぐにアクセスできるので、機動性抜群です。(出典:SUPER CLASSIC

created by Rinker
abrAsus(アブラサス)
¥19,800
(2018/11/13 08:19:13時点 Amazon調べ-詳細)

荷物が少ないなら「ミニ」バージョンもあるので、余計なものを持たないようにしている自分にとっては、本当に気になるところ。

かばんも何でも「ぶっこめるもの」が発達障害にはオススメですね

 

発達障害のすごい仕事術「何もしないというタスク」

発達障害の仕事術は休むが基本

休むのを後回しにしてしまい、無理が祟って爆発、または精神的に立ち直れないほど、グッタリする…何度も経験あります

誰かに何かを頼まれたり飲み会に誘われたりしたら「休みがとれなくなるな…」と思いながらも、つい安請け合いをしてしまう悪癖もあります。

↑見の覚えがありすぎて…基本的に人付き合いが少ないと、誘ってもらえることが嬉しくて、しかも親しいひとの少人数の集まりなら、即答でOKしちゃいそうですね(汗

✓完璧な休日は月に3日は確保する

借金玉さんいわく、完璧な休日とは

  • ワイシャツをクリーニングに出す
  • 付き合い飲みに参加する
  • 部屋を掃除する

ということはしないのがポイント。まさに「何もしない日」を月に3日は確保すべきで、意思を持って「休む」というタスクをこなすことが重要とのこと

「予定通り何もしなかった!」という達成感と、「今日休むことには何の罪悪感もない」という免罪符をまず勝ち取りましょう。本当に回復度合いに差が出ますよ。

ただ気をつけていても、うつっぽくなってしまうことが多いので、参考にしたいと思ったのが「ヘッドホン+蒸気アイマスク」による聴覚と視覚のシャットダウン。

この「五感遮断法」は劇的に効果があるそうで、借金玉さんのライフハックの中でも、最も強烈な効果を持つもののひとつだそう(すぐ試してみよう)

以上、本の一部でしたが、他にも職場を外部と隔絶された独自のカルチャーが育まれる場所として「部族」と表現したり、絶対的な「部族の掟」は、どの職場でも当然ありますが、すべて別物の「カルチャー」であると(本当に面白くて、共感できる)

本当に「そこまで怒ること?」という些細なことが破ってはいけないルールだったりするので、厄介で面倒くさいですね

借金玉さんいわく、「給与や社会的な評価を天秤にかけ、合わなければ即座に逃走しましょう」とのこと。

この記事のまとめ
  • 「見えない通貨」を支払わないと、職場で排除される
  • 「メモ」も「かばん」はぶっこみ、一覧性、一手アクセス
  • 「何もしない」というタスクは死守

Designed by FreepikDesigned by MacrovectorDesigned by Rawpixel.comDesigned by Freepik