メンタル

【毒親】過干渉育ちの甘えじゃない。正しい理解で苦しみから開放される

毒親から過干渉を受けた子供

過干渉に育てられたひと「毒親って言葉は、暴力とか受けていない自分とは縁がないと思っていたけど、過干渉も含まれるらしい…でも甘えっていう意見もあるし…」

こんにちは、ぷり子@puriko_adhdです

核家族で育ったわたしは、親との距離が近く、過干渉に育ったというより、大事に育てられたという認識でした

正直、親に感謝すべきだから「毒親」という言葉に抵抗感がありました

それでも大人になって自分の手に余るほどの問題を抱えていると感じた時、はじめて親との関係性に目を向けるようになりました

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)という本を読んで、過干渉に育った大人こそ、毒親という言葉の意味を深く知る必要があるという結論に至りました

この記事の内容

  • 「毒親」は「過干渉育ち」の甘えじゃない理由
  • 「毒親」の意味を「過干渉育ち」の大人こそ、知るべき
  • 「毒親」から「過干渉育ち」の大人が、開放されるために

 

「毒親」は、過干渉育ちの甘えじゃない理由

「毒親」と聞くと、うまくいかないことを何もかも親のせいにしてるだとか、大人になってまで「毒親」を理由に甘えるなよ、なんて意見をよく耳にします

実際、「毒親」という言葉がブームになったとき、社会で「毒親育ちなんで…」と公言すれば、”大人になっても親のせいにする甘えた人間”と思われ、相手にされなくなる可能性も。

そもそも「毒親」と使っていいのは、身体的暴力だとか、育児放棄だとか、問題の深刻度が高いひとが”使っていい”言葉なんじゃないかと、うっすら思ったり…

ですが、過干渉育ちのひとこそ「毒親」、もっというとコントロールする親について、知るべきなんです

なぜなら「毒親」という言葉は、生きづらさを抱え苦しめられているひとに対して「親に自己をからめ取られている」問題と向き合うことを促しているからです

つまり、物事がうまくいかない理由に「毒親」を使うのではなく、物事のうまくいかない原因が「親」との関係性にあって、その問題の責任は自分にはない、という事実に目を向けるべきなのです

過干渉=毒親

「毒親」にはアル中だったり、暴力だったり、育児放棄だったりと、さまざまなタイプの親がいますが、子供の心に残す傷は基本的に同じようなものになります

たとえ親から身体的暴力を受けていなくても「過干渉」に育てられた子供は

  • 精神不安定
  • 心の混乱
  • 楽しい子供時代の喪失

など、暴力を受けて育った子供が示す典型的な症状と、ほぼ似たような症状を示します

問題がもっと深刻な毒親育ちにクローズアップされがちですが、過干渉育ちの人間も毒親から、負わなくてもいい責任を負わされ「無実の罪悪感」に苦しめられたままのケースがほとんどです

「毒親」の意味を過干渉育ちのひとこそ、知るべき

ここで、過干渉育ちのひとと一見、関係性がない折檻など「身体的暴力」を受けて育った子供にクローズアップします

彼らが、非行に走る原因を具体的に見てみましょう

  1. 身体的暴力がある環境で育った子供は、大人になっても親の責任をなかなか指摘することができない
  2. それでも自分の家を「いい家」であるという虚像を信じたい
  3. すると「悪いのは親ではなく自分なのだ」という意識を持つように
  4. 結果、非行という自滅的な行動に走る

 

このような目立つ自己破壊的な行動を起こす「非行少年」と「過干渉育ちの子供」が抱える問題は程度の差こそあれ、根本的には同じになります

すなわち

親の責任を指摘できない→自分が悪い

非行少年は自己破壊的な行動を、過干渉育ちの大人は「無力感」と「不安感」に苦しめられ続けます。

この毒親との関係に向き合うことなく、問題の解決はありえないのです

過干渉に育てる「毒親」は子供の意見をつぶす

過干渉の親に育てられると、子供は自分の意見を言い出せなくなる傾向があります

それは、過干渉の親が、子供をコントロールしようとして、自分の意見を押し付けてしまうことが多いためです

そもそも「親」と「子供」では異なる人間なので、感じ方もそれぞれ違っているのは当然です

にもかかわらず、過干渉な毒親は、子供に「感じた内容」を聞き出す、あるいは感じたことを表現できるまで辛抱強く待つ、といった言動が欠けています

あなたは親から「わたしはこう思うけど、あなたはどう思う?」と聞かれたことがありますか?

 

過干渉に育った実体験より

実体験のハナシになりますが、うちは核家族なので、家族との距離が近く、過干渉の親元で育った自覚があります

そんな自分にとって衝撃だったのが毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)で、毒親と向き合うときの対応の仕方です

相手に挑戦的に言うのではなく、「ただ自分の意見を述べるだけ」

これだけだと、意味がわからないかもしれないので、以下、親に対して使う言葉の具体例です

あなたは間違っている。あなたは利己主義でよくない

それはちょっと賛成できないな。利己主義になるのは自分のためによくないと思うよ

この正しい方を知って、驚愕しました。

いままでは相手(毒親)に挑戦して、相手を降伏させることが勝利だと思ってた

だけど本当の勝利は、親に対して「傷ついた」という事実を冷静に伝えられ、たとえ意見の相違があっても、こちらの感じた事実は変わらないということ。

そして、そういう対応ができる自分に、静かな自信を感じられるようになることだったのです

小さい頃に傷ついたままになっている自分が存在することは事実で、その事実は相手(毒親)がどういう反応をしても、変わらないことを冷静に伝える(=自信になる)

※参考までにそのほかの、対応の具体例です

  • 「ああ、そうなの」
  • 「なるほど」
  • 「それはおもしろい考えだね」
  • 「あなたがどういう意見を持とうと、もちろんあなたの自由ですよ」
  • 「あなたが賛成してくれないのは残念ですが」
  • 「それについてはもう少し考えさせてください」
  • 「これについてはあなたがもう少し冷静な時に話しましょう」
  • 「がっかりさせて申し訳ないけど」
  • 「あなたが傷ついたのは気の毒だけど」

 

「毒親」って、なにもかも親のせい?完璧な子育てなんてないっていう意見もあるけど

たしかに子育ての大半は親も初心者ですので、当然、失敗はあります。

けれど繰り返しになりますが、自分を守るすべを知らない子供だったときに、大人からされたことに対して、子供には責任がないのです

そしてまた、どのような大人に成長するかということは、成長の過程において自分のチカラでは、コントロールできない家庭環境というものによって大きく影響され、それによってその後の人生の多くが決定されてしまうということも忘れてはならないのです1)スーザン・フォワード「毒になる親」p,19

なんだか、この先自分が子供を生んでも「過干渉」になってしまいそうでコワい…

これまで「毒親」について、考えたことがある人は、自分の親もその親(祖父母)から、自分と同じ「無実の責任」を負わされていたのではないか、と考えたことはありますよね

親との関係性に問題を抱えるひとは、負の遺産として代々受け継がれる傾向にあります

そこにいま立ち向かうことで、脈々と続く負の連鎖を、断ち切ることができるのです

子育てって大変なのに、そんなことできるかな?

もし不安なら、いまから言い方だけでもマスターしてみましょう

次のような話し方です

「わたしは〜と思うけど、あなたはどう思う?」

この言い方を、試しに会話で使ってみてください

実際に意識してやってみても

  • 冷静に対応することの難しさ
  • 相手の主張を、こちらに合わせたくなる衝動

などを実感します

 

References   [ + ]

1. スーザン・フォワード「毒になる親」p,19