メンタル

過干渉な毒親から自由になって奪われていたエネルギーを取り戻す

過干渉な毒親から開放されたひと

過干渉な毒親に育てられたひと「大人になってから自分が過干渉な親に育てられたことに気づいた。毒親という言葉で”何もかも親のせい”っていうのは、賛成できないけど、根本的に親との関係性を見つめ直ないといけないかも。でもどうやって?」

こんにちは、ぷり子@puriko_adhdです。

この記事では、過干渉な毒親から開放され、今まで奪われ続けていたエネルギーを取り戻したい人に向けて、書いています

 

この記事の内容

  • 過干渉な毒親から自由になる「考え方」
  • 過干渉な毒親にならないために
  • 過干渉な毒親が反論してきても、関係ない理由

過干渉な毒親に育てられると

過干渉な毒親をもつこども

わたしは

  • 核家族
  • 一人っ子
  • 遅く生まれた

などにより、両親から「過干渉」に育てられてところがあります

性格も過干渉に育てられたひとが持つ、特徴をだいたい持っています

  • 自己否定気味
  • 自分の意見よりも親の意見を優先
  • 親の期待を裏切ると罪悪感
  • 親が喜んでくれないと悲しい
  • 親から自立することに罪悪感
  • 私の友達を親が批判すると、その意見を取り入れてしまう

また「高齢の親」がひとり暮らしする寂しさを、何度も聞かされ、

自立すること=親不孝なこと

と知らず知らずのうちに、思うようになっていました

親を悲しませることに対して、強い罪悪感を感じるひとは、過干渉な親を持ったひとに多いです

が実際のところ、大人である以上、だれかに傷つけられた時に自分を癒やすのは自分の責任なのです

毒親が否定しても、子供が問題を抱えている事実

こういうハナシをすると、たいていの親は「自立するな、なんて言ってない」と言います

ですが、ここでの問題は「親に悪意があるかどうか」ではありません

”悪意がなかったから仕方ないよね”、で問題が解決すればいいですが、実際に現在進行系で困っているのは

何をするにも常に、親の承認を得なければいけなくて、自分が望む人生をなかなか生きられない子供

なのです

過干渉な毒親から自由になる「考え方」

前置きが少し長くなりましたが、過干渉な毒親から自立できる「考え方」です

実際にその考え方が反映された話し方を使っているシーンです

あなたは間違っている。あなたは利己主義でよくない

それはちょっと賛成できないな。利己主義になるのは自分のためによくないと思うよ

両者の違いは、一方は自分の意見を押し付けているに対して、もう一方は、相手の意見を尊重した上で、自分の意見をハッキリ述べるに留まっています

つまり相手も自分も否定せず、意見の相違を受け入れる、ということです

過干渉な毒親に育てられたひとが自由になる「考え方」

考え方1つで、そんなに変わるかな?

考え方を頭にインストールするのは難易度が高いです。

なぜかというと、それまでの習慣によって、かき消される可能性が高いためです。

なので

まずは、話し方を定型文で覚えてしまう→考え方に影響させていく

という方法が、手っ取り早いです

まず、さきほどの話し方を、実際に口にだしてみると分かりますが、違和感を覚えると思います

違和感を感じる理由は、「他人と自分の意見は根本的に異なる」という基本的な考え方を持っていないためです

親も子供もどこまでが自分で、どこから先が子供(親)なのかが分からないほど、窒息させ合っているところがあります

これは実体験ですが、わたしは親から過剰なほど大事に育てられ、幼稚園から小学校に進級したとき、周りとの境界線がうまく作れず、ほんとうに些細なことに傷つく繊細な子供でした

友達と、衝突ともいえないような些細な出来事で、泣き出してしまう始末に、担任の先生にも、クビをひねられるほど。

他者との区切りがしっかりできていないために、衝突したり、逆に依存し合うことから、社会性が身につかず、内向きな性格になってしまいます

過干渉な毒親にならないために

先程の話し方は、自分の親からの自由を取り戻すだけでなく、自分が子供を授かったときに、過干渉な毒親にならないために、一線を画す大切な考え方にもなります

ある家では「子供の気持ちはとても大切だから、無視してはいけない」という基本的な考えがあって、

またある家では「子供はまた半人前なのだから、いちいちいうことを聞いてやらなくてもよい」

という基本的な考え。

子供だからと、軽視する考え方に基づいて「子育て」が行われるのと、相手の意見を尊重する考え方に基づく「子育て」では、大きな差がついてしまうでしょう

けど、子育てで大変なときに、子供を尊重なんて、できるかな…自信ないよ

これは自分の親に対してもいえますが、完璧な子育てないのです

それでも冒頭で伝えた「相手の意見を尊重し、自分の意見を述べる」話し方を心がけるだけで、考え方にも自動的に大きく影響していきます

相手が挑戦的な話し方をしてきたら、そんな風に冷静に言える自信がないよ…

何度か、チャレンジしてみて、失敗しつつも冷静に応対できるように練習してみましょう

以下、その他の応対パターンです

  • 「ああ、そうなの」
  • 「なるほど」
  • 「それはおもしろい考えだね」
  • 「あなたがどういう意見を持とうと、もちろんあなたの自由ですよ」
  • 「あなたが賛成してくれないのは残念ですが」
  • 「それについてはもう少し考えさせてください」
  • 「これについてはあなたがもう少し冷静な時に話しましょう」
  • 「がっかりさせて申し訳ないけど」
  • 「あなたが傷ついたのは気の毒だけど」

過干渉な毒親との関係性は、これまでずっと目を背けていたことに向き合うことで、辛い気持ちになり、見捨てられて孤独になった気持ちになることもあるでしょう。

ですがそれを乗り越え、無実の責任から開放されると、それまで自分にないと思っていたエネルギーが沸き起こってくるのを感じます。

それは、これまで親のために費やしていたエネルギーであり、本来なら自分をもっと愛し、自分に対して責任がとれるようになるために使うことができるエネルギーなのです