発達障害の改善

【妊娠中の薬】「頭痛・解熱薬」がADHDの増加に関係ありとの論文

妊娠中に、飲む市販の薬が子どもの「発達障害」に大きく影響するという論文が発表されました

なんでも妊娠中に市販の安全とされている「頭痛薬」を飲んだ妊婦の子供を11歳まで追跡調査した結果ADHD発生のリスクが高いという結果が!

 

妊娠中の薬「頭痛薬」がADHDを増加させる

妊娠中の女性

オークランド(ニュージーランド)で、妊娠中期のヨーロッパ系の 871人の乳児を対象に調査

その参加者たちが、妊娠中に薬物使用

  • アセトアミノフェン
  • アスピリン
  • 制酸薬
  • 抗生物質

をした場合の、その子どもたちの行動障害および ADHD の症状に関して、その子どもが

  1.  7歳になったときの親からの報告
  2. 11歳になったときの親と子ども両方からの報告

で測定されました。分析には

  • 出生時体重
  • 社会的経済的状況
  • 母親が認識している出産前の複数の共変量

が含まれています

アセトアミノフェンは、研究に参加した妊娠中の母親の 49.8%が使用していました

妊娠中にアセトアミノフェンを使用した場合、その子どもの成長における困難の度合いに有意に高いスコア見られましたが、ほかの薬(アスピリン、制酸薬、抗生物質)では大きな差はありませんでした

また、妊娠中にアセトアミノフェンを使用した母親の子どもは、7歳と11歳の時点で ADHD のリスクが高いという結果に

妊娠中の薬「頭痛・解熱薬」は危険

妊娠中の薬で危険なもの

 

どういう薬に「アセトアミノフェン」が入っているかというと、

  • 頭痛
  • 生理痛
  • 腰痛
  • 解熱

など、どの家庭にもよくある薬ばかりです

頭痛や生理痛など、女性に多くみられる症状の薬が多いですね…

妊娠中の薬に安全とされていた「アセトアミノフェン」

先ほどの報告は2018年に発表されたもので、日本には伝わっていないせいか、「妊娠中 薬」で検索すると、「アセトアミノフェン」が比較的、妊娠中に飲んでも安全な薬と分類されている記事を発見。

薬って身体が自力で治そうとする動きを「症状」として止めてしまうのが基本的な仕組みなので、妊婦さんに限らず、薬をなにも考えずに飲むのも考えものですね

(余談ですが、医者でよく処方される「抗生物質」の悪影響に関する研究は多く、たとえば2008年の実験では、たった1回の使用でも腸内細菌の1/3が死に、そのダメージは半年が過ぎても回復しませんでした1)最高の体調 ~進化医学のアプローチで、過去最高のコンディションを実現する方法~ (ACTIVE HEALTH 001)p,85

あまり考えずに、飲んでいましたが、お子さんを生む予定のある女性は「抗生物質が正しいものではない」ことも頭の片隅に置いておいてください)

Designed by BrgfxDesigned by FreepikDesigned by Freepik

References   [ + ]