ライフスタイル

直感には従ったほうがいい【逆行していることを受け入れる】

人と違う方向に向かうこと

ここ最近、自分の直感通りに行動し始めたら、生きやすくなりました

たとえば

  1. わざわざ人と群れない
  2. 移動しながら生活してみる

など。

こんなふうに言ってますが、これまではずっと、周りのアドバイスに左右されてばかりの人間でした

見通しが甘く、判断ミスが多かったので、周りの判断に頼ってばかり

 

自分の決めることに自信がもてない

 

けれど、もらったアドバイスが、ことごとく裏目にでることに気づきはじめ…

 

この記事は、長いあいだ「フツウ」に惑わされ続けた人間が、自分の感じること(直感)に耳をすませてみたら、生きやすくなった、というハナシです

流れとしては、

  1. 「型にハマろうとする」
  2. 「ハマらない。手痛い失敗が多い…」
  3. 「自分の思う通りに生きるのが一番」←いまここ

 

直感を感じても、その直感に自信がもてない日々

とりたてて、目立つ能力もなかったので、事務職に就職しました

が、とにかく不安症で、目の前の仕事に集中できない

AIに取って代わられることに警報音がアタマの中で鳴り響く毎日…まるで、仕事に集中できない

 

先のことばかりみても仕方ないし、目の前のことに集中しないといけないのは分かっていました

ひたすらビジネス書を読み漁る「集中力」「ミスを減らせる」などのタイトルを読む日々

読書の習慣がなかった人間なのに、年間100冊を目標に読んでみたり

それでも、ミス…

「できそこないにも、ほどがある」と毎日、自分にウンザリしてました

 

直感は少し先を教えてくれている

不安症は集団にいると「自分の欠点でしかない…」と思っていました

ですが、実は「少し先がみえる」大事な能力でもあります

 

どの集団に入っても、その集団が行き詰まる未来がみえてしまいます

その未来を集団に伝えても、嫌がられることがほとんど

自分に囁いてくる声を無視しようとする

けど、その声は大きくなるばかり

しばらくして、薄々思っていたことが現実になる

 

…こういうことが重なり、だんだん「自分の声に従って、前もって、準備したほうがいいのかも」と思うように

 

直感は「逆行している」ことを受け入れた上で従う

ちなみに、直感に従うようになるまでは、何度も「判断ミス」していました

過去、ひとり暮らしに失敗したり、職選びに失敗しまくり

一人暮らしの部屋
【実体験】発達障害が一人暮らしに2回も失敗したハナシこんにちは、ぷり子@puriko_adhdです この記事では、発達障害と診断される前に、2回も一人暮らしに失敗したハナシになります...
働く女性が混乱しているイラスト
ADHD女性の適職ってなに?職業選択をミスってばかりの大卒女の事例ADHDかもしれない女性「仕事でミスが多くて「もしかして自分はADHD?」って最近、思うようになった。けど衝動性とか多動よりも、どちらか...

 

失敗の要因は2つあって

  1. 自分が「逆行している」ことに気づいていなかったとき
  2. 誰かが自分を助けてくれると期待して判断したとき

 

✓自分が「逆行している」ことに気づいてなかった

世間一般でいわれる「幸せ」と、自分が本当に感じる「幸せ」がズレていることに気づいていませんでした

 

世間一般のフツウの幸せの例

  • 人と群れて遊ぶ
  • 彼氏をつくる
  • 誰かと旅行する

 

けれど、自分が本当に感じる幸せは逆でした

  • 一人でいる方がのんびりできる
  • 恋愛するより、自由にどこかに行きたい
  • 一人旅のほうが気ままに過ごせる

 

無理して、彼氏をつくってみたこともありますが、なんとなく違和感を感じました

(恋愛をしなくていいひとたちのこと「アセクシュアル」と呼び、オフ会に参加した記事です↓)

アセクシャルのオフ会
アセクシュアルのオフ会に参加してきたハナシ先日(2019/1/25)、フォロワーさんの提案で開いてもらったアセクシュアルのオフ会に行ってきました https://twitt...

 

逆行している存在であること受け入れるには、世間の常識で決められた「幸せ」に、とらわれなくなることがポイントです

 

誰かが助けてくれると期待して判断したとき

わたしは視野が狭く、見通しが甘いことに気づいてから、周りの意見を聞くようしていました

なるべく多くの人のハナシを聞いて、判断したほうが後悔が少なかったからです

ですが、一方でだれかの意見に従っていれば、失敗しても「誰かのせいにできる」と、どこかで甘えてもいました

そして、そういうときは必ず失敗していました

 

直感に従ってみたら、ソロプレイが向いていた

いまわたしは、一人で気ままに生活してみて「ソロプレイが合っているな」と実感しています

一人で移動しながら、思考に埋没したり、読書してみたり。

 

わたしのようなソロプレイ(フリーランス)は、飛躍的に増えると思われます

そんななか「どう食べていくか?」のポイントとしては

「リスクがないことから始めてみる」かな…と思います

最初から手広くはじめない

参考になるのがこちらの本

created by Rinker
¥1,147
(2019/07/18 07:55:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

それと、準備期間もできれば、あったほうがいいです

実体験ですが、私は3つめの就職先の会計事務所で、ミスを頻発し、ずっと続けられる仕事と思えませんでした

とにかく危機感を感じ、在職中の3年近く、一人でも仕事できるスキルを磨いていました

  1. 「仕事のミス」を減らすビジネス書を読む
  2. 身内の飲食店サイトを無償でつくってみる
  3. お菓子のパッケージデザインをやってみる
  4. HowTo動画をつくる
  5. 看板をデザインしてみる

 

ちなみに無償でやっていたので、お金を出費できず、買う前の本を持ち込みOKなタリーズで読み漁ってました(かじる程度に読んで、すぐに実践)

以下、よく読んでいた分野

  • マーケティング
  • ウェブデザイン
  • 広告デザイン
  • キャッチコピーライティング
  • 動画制作

↑これは自分の興味あった分野も混ざっていますが、これからは「分かりやすく伝える優しさ」が大きな武器になります

とくに参考になった本がこちら

created by Rinker
¥1,620
(2019/07/18 07:55:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

AIが進化すれば、クリエイティブな仕事の希少性が高まり、クリエイターが飛躍的に増大します

そんなクリエイターが抑えておきたいポイントが「伝える努力」。

 

クリエイターは質にこだわりがちですが、すると「いいものを作っていれば、伝わる」と思ってしまいがちです

ですが、「伝えようとする優しさ」を添えないと、伝わらないことをアタマの片隅に置いてください