ライフスタイル

インド占星術(ジョーティシュ)が面白い。人生の健康診断ができる

インド占星術でよむ空1

最近、インド占星術(ジョーティシュ)に興味があって、気まぐれに入門書を読んでみたり、流水りんこさんのマンガを読んでました

created by Rinker
¥1,100
(2019/11/14 03:27:42時点 楽天市場調べ-詳細)

 

よくある雑誌の占いだと、いいことしか書いてないので、シックリこない部分ことも多く。

その点、インド占星術はハッキリと教えてくれるので、自分の性質とか傾向を知るのにとても役に立ちました

 

なかでも注目すべき点が、西洋占星術との大きな違いは人生の大きな流れを知ることができる「ダシャー」があること

 

記事の最後にりんこさんの本にも出てくる、清水俊介さんにスカイプ鑑定をお願いして、みてもらった体験も載せています

 

インド占星術に興味をもつきっかけ

インド占星術を意味する宇宙

そもそも、占星術に興味を持ったきっかけは、インド占星術(ジョーティシュ)のリーディングができる方が身近にいて(プロではなく一般の方)

自分と縁が深いキーワード「治療、物語(書く)、デザイン」を教えてもらってからでした

 

なんとなく自分の方向性がぼんやりしてたから、言われた瞬間、しっくりきた

 

それと「ダシャー」(人生の大きな流れが分かるもの)で

私が昨年末頃に、出会った治療家さんのことも、すでに知っていたことに驚きました

(治療家さんとの出会いを伝えていないのに、ダシャーを読みとって知っていた)

脊髄損傷の方が歩けるよう治療している治療家さんに出会った体験談この記事を書くこと、ずいぶん迷いました (今までの常識がずいぶん、覆える体験談だったのと、これを書いたことで何か困った事態が起きな...

 

幅広い知識を知っている方で、話していると今までの自分の常識はガラッと変わる感覚もあり

今までとらわれていた支配されていた価値観から解放されてラクになったので

身近で身体や精神的な不調に苦しんでいる人を紹介。

リーディングのために生年月日の生まれた時間、生まれた都市名まで伝えると

会ってもいない人のことを淡々と読み取っていて

紹介した人のほとんどが、ラクになっていくのが不思議で。

インド占星術の的中率の高さに興味をもち、自分でもリーディングをしてみたい気になりました

インド占星術の的中率は生年月日、誕生時間、誕生地が正確で、かつ占星術の知識が高く、経験値の豊富な占星術家がリーディングすると当たる。その人が生まれた瞬間のその人からみた星の位置が重要

よく聞く「そういう星の下に生まれたんだね」というのは、本当だったんだ

 

インド占星術のリーディングは難しい

インド占星術でよむ星4

ただインド占星術は、ものすごい難しい…

複雑すぎて、読み取れない

 

難しいので、気まぐれに読んだりしてる程度です…

 

それでも自分が今までにうっすら感じてたことの本質をついていて、

自分の本質をみることが怖くなくなったというか

自分が見ることができなかった性質を肯定するでもなく、否定するのでもなく、ただ「そういうもの」として教えてくれるインド占星術が

自分のなかの葛藤に気づくきっかけになって、知れば知るほど、ラクになる感覚…

 

わたしは自分の性格に葛藤がずーっとあって。

「善人でいたい」という”潔癖でいたい欲求”が強いから

自分のドロドロした部分を受け入れられずに葛藤しやすいんだな、と気づけたり

 

自分の願望と現状が噛み合ってないから辛い

そこが分かってしまうとラクになるんだなと

 

もともと「占い」には興味があったので、雑誌の最後にあるページを見るのが好きだったけど

いつも良いことしか書いてない占いと、自分の現実にギャップを感じて、深くは信じられず

 

その辺もインド占星術は事実として淡々と書いてくれて、否定も肯定もしない

 

そもそも悩みって悩んでることが分かってないから辛いことが多くて

「何に悩んでいるか?」が分かるだけで、一気に心が軽くなる

 

(自分の性質と願望の矛盾に気づくと「そういうものか」と受け入れやすい)

 

それと今の日本では「自己責任論」が蔓延しすぎて「何もかも自分のせい」だと追い詰められやすいです

(今ではすっかり過去のことになってますが、わたしも新卒で入った会社を1年で辞めたことを深く恥じて、引きこもってたこともあります)

 

そういう何でもかんでも自分の責任にされやすい今の時代に

生まれた瞬間の星の配置で「人間の運命は70〜80%決まっている」と伝えてくれるインド占星術は、自己責任論から解放してくれました

 

人によっては「自分の努力が許されるのって残り3割だけ?虚しくない?」思うかもしれませんが

災難が訪れるときに「ちょっと転ぶ」のと「交通事故で重傷を負う」のでは違いすぎるので、人間からしたら3割は侮れません

(ちなみに健康になればなるほど「運」はよくなるそう)

 

自己責任論に追い詰められて、ぜんぶ自分が引き起こした責任だと罪深く思っていて、そこに異常な罪悪感を持ちすぎてたから、本当にラクになりました

要は頑張りすぎなくなった

「なるようになるさ」とか「しょうがないことも多いんだな」みたいな、マイナスじゃない、プラスの意味での諦めがついた

 

インド占星術家の清水俊介さんに鑑定をお願いしてみた

インド占星術で読む空

清水さんにお願いしたときは、自分でリーディングする前で(スカイプ鑑定は1ヶ月半待ちだった)

みてもらうかどうか、迷ったのですが

自分では分からなかった「自分の今後がどうなっていくか」など、大まかな流れを知りたくて

鑑定をお願い

 

清水さんは経験豊富な方なので、人を不安にさせることなく、チャートを淡々とリーディング。

 

すると心が軽くなって。

 

わたしは思春期の頃から「不安障害」に悩まされていて(当時はまったく気づかず、最近気づいた)

不安障害から開放されるひと
発達障害というより「不安障害」。そして、不安にとらわれなくなったシゴトのミスがひどくて、読み漁った本で知った「発達障害」「ADHD」 と思え、とてもホッとしました (‥すんなり「発...

 

その「不安」になりやすい性質は、どこから来ているのかを占星術のチャートを分析してもらえて、そういうことだったのか、と納得。

 

今後、40年くらいに起こる大まかな流れを教えてもらえ、それで思ったのが

インド占星術は「人生の健康診断

なんだな、ということ

 

今まで自分に起こった出来事の意味を否定もせず教えてくれて、自分の辿った道から、これから辿る道を診断してくれて、

人を安心させてくれるものなんだな、ということ

(※注:人の不安を煽るインド占星術家もいるので、きちんとした専門家に鑑定をお願いすることが前提です)

 

何か予期せぬ災難に見舞われても「努力が足りなかった」とか、自分を責めたり、後悔することが多いですが

事前に知っていたら、その時期がきたときに

「いまはそういう時期なんだな、がむしゃらになってもしょうがない」

と思えるようになりました

 

わたしはスカイプ鑑定でみてもらいましたが、

初めての人との電話だったので「緊張するかな〜」と思っていましたが、リラックスして話せる方でした

(「いま怪我した母親の様子を見に、実家帰ってきてる」とフレンドリーに話してくれる)

 

ちなみに勉強のために清水さんのインド占星術の動画教材を見てましたが(無料登録すると、毎日1本数分の動画リンクが送られくる)

 

その中に、清水俊介さんの占星術家「KNラオ」先生が主要各国の近未来予測をプレゼンした占星術国際会議の様子を書いた記事があり、とても興味深いので載せておきます↓