MENU
発達障害の改善

発達障害の改善に「プロバイオティクス浣腸」

発達障害に効果ありの浣腸

かなり発達障害のリサーチを徹底されてるフォロワーさん→       @JethroTaru     がすごく有益な発見をしてくれていました

見逃していたつぶやきに、ものすごい興味が湧いてしまって、猛スピードで書いています

雑な構成かもしれませんが、何卒ご容赦ください

発達障害に「プロバイオティクス浣腸」が効果的?!

2000円弱?!すごく怪しさ満点ですが、ここ最近どうしても「腸」と「脳」が密接につながりあることを実感していて、「腸」が「脳」を超えるかもしれないとも説が最新の研究では飛び出すほど。

ADHD脳と腸
ADHD脳は「腸内環境」に支配されている。腸から脳への伝達に注目!ADHD脳は遺伝でしょ?と思うひとも多いかもしれませんが、発達障害を抱えるひとに「胃腸」の疾患が多くみられていることが分かっています(と...

直接注入してみるという方が、手っ取り早いし、確実。

ものすごい親切なことにタルさんが、本の内容を送ってくれました(涙

 

この実験を調べても見つからず(ただ腸炎ではプロバイオティクス浣腸で成功した報告が。

少し違っていますが、参考になるのは、腸内フローラ転送療法(Transfer Therapy)という治療実験では、治療後7〜8週間にわたって、発達障害の行動改善が持続したという結果が。

いくつかの以前の研究では、自閉症の子供たちの異常な腸内細菌を報告しています

自閉症の子供たちの研究はとはいえ、一時的に経口の非吸収性抗生物質による治療が胃腸疾患および自閉症の症状を改善することを発見しました。

 

✓プロバイオティクス浣腸の材料

  • 浣腸袋とチューブ
  • 蒸留水
  • プロバイオティクスカプセル
  • 計量カップ
  • 水溶性潤滑剤
  • 大きめのタオル

やるなら、バスタブまたはハード面、タイル張りの床やトイレの近くで、浣腸を実行することがオススメ。

  1. プロバイオティクスカプセルの中身を、ぬるま湯に溶かす
  2. 胸に膝を抱えるようにして、左側を下に横になる
  3. 直腸に 2 から 3 インチのチューブを挿入します。息を深くしつつ挿入
  4. チューブを直腸に入れて、深呼吸を続けます。
  5. できれば30分間、そのままでいる

もし以下の症状があれば、医者に行ったほうがいいもよう

  • 1 日以上の水っぽい便通
  • 便に血が交じる
  • 痛みがなくならない

 

驚くことに、欧米のサイトではプロバイオティクスの浣腸は、プロバイオティクスの利点を収獲する一般的な方法として広まっているとのこと。

ただし研究が足りないというのもあるし、専門家がまだ完全にプロバイオティクスが体に与える影響がハッキリ分かっていないというのも留意したいところ。

やってみるのに興味があるなら、個人で試してみるように、みたいなところです

発達障害に「プロバイオティクス」のサプリ。一気飲みの外人も

ちょっとコワい、という方は食べモノからと、経口サプリメントからプロバイオティクスを摂取してもいいと思います

ちなみに2018年10月22日という最新の外国の方の記事に1年前から、口からの摂取を続けている方の記事が参考になりました(なんと280億個の微生物を摂取!)

だから、最初は少し実験を行い、15種類の菌株を含む1発で280億個のプロバイオティクス細菌を摂取することに決めました。 これは、ミルのプロバイオティクスの2つのボトルに相当します。

私の結果? 私は少し高いと幸せを感じた。 効果は強かった。

酪酸、乳酸、オキシトシン(Lロイテリが製造)の混合物のようなものを感じました。 実際、これらはこれらの細菌の副産物です。私はまた、いくつかの場所で少しかゆみがあり、赤いが、深刻なものはない。

私が摂取した量を摂取するには、標準50億種のプロバイオティクス132錠を服用しなければなりません。 多くのプロバイオティクスには10億バクテリアしかありません。つまり、私が得た用量を得るためには、これを660錠服用しなければならないということです。

まあちょっと信じられない数ですが、効果のほうが参考になります

とにかく、効果は最初の2回と同じだったが、より強い。 信じられないほどリラックスして、私は本当に良い気分にさせてくれました。 それは信じられないほどの抗うつ薬です。

この方の効果としては

  • よく眠れた
  • 食欲が抑制された
  • リラックスできたから、その後の覚醒も促された
  • 疲れがない

など。ただ、本人もあまりにも多すぎるということで長期的な影響が心配なもよう(そりゃそうだ)

660億バクテリアは私にはあまりにも多いです。 私はこの長期的な影響が何であるか分かりません。 私はむしろ慢性的に1日2回1錠を服用したいと考えています。

 

この方の場合、ものすごい数の錠剤を間隔を開けて(1ヶ月)、3回ほど口から摂取して、一気に腸内に菌を増やしてから、その後慢性的にプロバイオティクスのサプリを摂る、みたいな感じですね

 

セルフ浣腸をやってみた方が翌月も、継続している模様が参考になります。。

引き続きセルフ浣腸による善玉菌移植は続けています。

いっときあまり効果がなくなったかな?と思った時もあったのだけど やはりかなり疲れにくくなって慢性疲労が信じられない程良くなっている。

↑の方の材料は少し違っていて

プラスチックの注射器
百均のダイソーで買ってきた。香水とか液体の入れ替えで使う先端の針を外して使った。

ビオフェルミン細粒
どの薬局でも大体おいてあるし粉末で水に溶けやすいのでこれにした。

ガラクトマンナン(水溶性食物繊維)
善玉菌の餌になるっぽい。アマゾンで買った。

イヌリン(水溶性食物繊維)
これも餌っぽい。アマゾンで買った。

のもよう。

私が使ってるものですが
乳酸菌やビフィズス菌についてはブログに書いてある通りビオフェルミンの細粒を使っています。近場の薬局で探せばあると思いますしネット通販とかでも探せると思います。

水溶性食物繊維に関してはAmazonで売ってるタイヨーラボさんのサンファイバー(ガラクトマンナン)

あとはこれもAmazonで買ってますがニチエーさんのオーガニック水溶性食物繊維イヌリン

以上をぬるま湯でよく溶かして使っています。

セルフ浣腸、すごく気になる。試してみたい!

有益な情報をくれた方に感謝

藤川徳美先生のFacebook