MENU
ライフスタイル

「〇〇しなくちゃいけない」ことなんて存在しない。目的が曖昧に注意

森田療法ライフハック

心が浮上したり、また落ちたりと波がありつつも、

心って、どうにかできるものではないし

 

「そういうものなんだな」という風に思うことが多くなってきた、最近

 

これは間違いないな

と思ったことが一つあって。

 

「〇〇しなくちゃいけない」ことなんて存在しない

 

 

先日の森田療法の読書会の記事にも書きましたが

森田療法の読書会
森田療法の読書会に行ってきた体験記森田療法の読書会(2019/8/11開催)に行ってきました 読書会を開催してくれたのは、以前記事にも書いたありぞなちゃん h...

 

  • いい大学、いい会社に入らなくては
  • 家事をしなくてはいけない
  • 断捨離しなくては
  • リラックスしないといけない
  • 緊張してはいけない
  • 親を憎んではいけない
  • 自己肯定感を高くしないといけない

 

というような「しなくちゃいけない」ことなんて、ないんです

 

「しなくちゃいけない」と思っているときは、必ず目的が曖昧になってます

 

 

「こんなことしたくない!」「嫌だ」「どうにもできない!」みたいな、自分がまず感じる気持ち、

「心の反応」とか、状態を取り除こうとしている

 

 

冒頭にも書きましたが、「心の状態」は、流れる川と同じで、自然なもの

 

なので、どうにかできるものではない

 

でも、現実問題、しなくちゃいけないものもあるのではないか?

たとえば「家事」(しないと溜まる一方ですね…)

 

 

そういうときは、心のなかで

思いっきり「家事なんて、やりたくないーー!!」と叫びます

 

(「家事」だと具体的じゃないか…)

 

「皿洗いなんか、面倒くさいーー!!!」

 

思う存分、叫ぶ、叫ぶ

 

「面倒くさい」は心の反応なので、それを抑えつけずに

 

居場所を与える

 

思いっきり、ぶちまけると

だんだんスッキリしてきます

 

すると、目的が何だったかを考えられる余裕が生まれる

 

わたしだったら

 

「お皿を洗うのは、少ないうちに皿洗いしたほうが、あとがラクなんだ。だから今のうちにやってしまう」

 

みたいな

 

  • あっていい感情「お皿洗いなんて、面倒くさい」
  • お皿を洗う目的「少ないうちに洗っておけば、気分が爽快」

 

注)人によっては、心のなかで叫んでるつもりでも、無意識に「こんなこと思っちゃいけない」と抑えてることもあります

なので、いつまでたっても、スッキリしない場合は、紙に書いたり、スマホに書き出してみるのが、おすすめ

(感情を抑えがちな人ほど、スッキリするまで、同じ気持ちを何度も書いてOK)

 

 

もう、本当に心の中は何を叫んだって、自由です

 

 

 

ただ、ちょっと注意してほしいのが「目的が曖昧になってる、これじゃダメだ」と思うこと

 

 

目的が曖昧になっているのは、自然に思う心の反応に対して

「こんなこと思ったらダメだ」とかで、心の反応を取り除こうとしているから

 

なので、目的が何だったかを考える余裕をもつために

 

心のなかで、思うことを、ぶちまける

 

心が感じることは、何だってあるし、どんな欲があったって、自由です

 

 

「しなくちゃいけない」の対処事例

ここからは「しなくちゃいけない」思考を消化させるときの「例え」を挙げていきます

 

仕事に行きたくないとき

  1. 仕事に行きたくない!!
  2. 働かないとダメだ
  3. 働くのは、お給料をもらって、生活するため
  4. それに社会に出て、誰かの役に立ちたい
  5. だから仕事に行く

 

 

お風呂入るのが面倒くさいとき

  1. お風呂入るの面倒くさい
  2. 面倒くさいとか思ってちゃダメだ
  3. けど、お風呂入らないで寝たら、翌朝忙しい
  4. あと、気持ち悪いし
  5. 気持ちよく眠るために、お風呂入ろう

 

 

英会話の勉強したくないとき

  1. 英会話の勉強したくない!!
  2. 勉強しない自分、ダメだ
  3. 英語が話せるようになって〇〇と会話したい
  4. 英語を使う仕事に挑戦したい(役に立ちたい)
  5. じゃあ、英語を勉強しよう

 

 

…仕事や、英語の事例を考えていて、ふと思ったこと

 

お金のために、稼ぐってシンドいです(実体験)

 

人それぞれ、価値基準は違いますが

(ある人は家族を養うために稼ぐかもしれないし、

ある人は遊ぶために、仕事を頑張るのかも)

 

けど、「稼ぐ=目的」ではない

と思います

 

やっぱり、人の役に立つ瞬間、心の底から「やっててよかった」と思える

 

そういう瞬間のために、生きているのではないかな、と思います

 

 

 

 

と、ここまで書いてみましたが

文字だけでは伝わらないことって多いな、と最近、つくづく思います

 

(私も心の底から安心したのって、安心させてくれる人の声だった)

 

なので、森田療法で回復した人たちで運営しているDiscordラジオを聞いたほうが、回復が早いかも

 

 

ありぞなちゃんとライトワイの声が、寝る前の無意識に語りかけてくれるので、落ち着くというか

 

まぁでも、この記事のタイトルにある通り「Discordラジオを聞かなくちゃいけない」なんてことはないです(笑)

 

ぶっちゃけ、決まった時間にDiscordログインして、聞くの「ダルいな〜、面倒くさいな〜」とかもあるだろうし

 

そう思う気持ちはあっていいんです

 

ただ、まぁなんていうか、精神的な不調に苦しんでいたことから、回復したい

そういう回復したい目的のために「お試しで聞いてみる」って感じもあってもいいのかな

 

 

 

ってな感じで

興味があれば、覗いてみてください

 

 

おまけ

途中で「感情を抑えがちな人は、書いてみるのがオススメ〜」と伝えましたが、

使ってるアプリを参考までに、載せておこうと思います

↓思考を吐き出すために、使ってるアプリ

瞬間日記 (Moment Diary)
ライフスタイル, ビジネス無料iOSユニバーサル

ここち日記-気分がメモ出来る人気の日記帳・メモ帳
ライフスタイル, ユーティリティ無料iOSユニバーサル

以前は、すぐに書ける「瞬間日記」を使ってましたが、

カレンダーに、日々のリズムが分かりやすくアイコンで表示される「ここち日記」もオススメです

 

使いやすい方を選んでみてください

 

(あ、自分用の記録なので、テキトーなメモでOKです

キレイに書くことが目的ではなく、吐き出すことが目的なので)