発達障害の改善

【レクチンフリー】大変そうだけど、2週間だけでも、ゆるめにお試し

レクチンフリーでだめな豆類

グルテンフリーの効果を日々、体感しつつ、ツイッターで「グルテンフリー」と検索するのが趣味になっていたときに、見つけた衝撃的なつぶやき。

レクチンフリーの「レクチン」って?

レクチンフリーでだめな豆

 

レクチンってなに?

すぐさま調べると、以下の本が。

created by Rinker
¥1,944
(2018/12/16 00:31:07時点 Amazon調べ-詳細)

前から、アンテナに引っかかっていた本だったので、すぐさま読んでみると、レクチンとは植物が動物から身を守るために身に着けた対抗手段で、タネなどの部位にレクチンをはじめとする毒物をもつようになったそう

そのレクチンは少量なら身体にいいけど、大量に食べると身体に毒となるとのこと!

しかも厄介なことに、グルテンフリーを徹底すると、レクチンが多いものに偏ってしまう事実。

たとえば、グルテンフリーカゼインフリーを意識すると、必然的に「豆乳」や「豆乳ヨーグルト」が日々の食卓に入ってきます

そして、レクチンが多く含まれるものに豆類が含まれるという…

レクチンフリーが多い食品は以下

  • 豆類全般(もやしのようなスプラウトも)
  • 豆腐
  • 枝豆
  • ピーナッツ
  • カシューナッツ
  • チアシード
  • トマト
  • ナス
  • きゅうり
  • かぼちゃ
  • メロン
  • トウモロコシ
  • 玄米
  • パン
  • パスタ
  • 蕎麦
  • シリアル
  • じゃがいも
  • 砂糖

 

パンとかパスタはグルテンフリーで食べなくなってきたけど、こんなに?!食べるもの無くなるじゃん!

と言いたいところですが、ずっと食べられなくなるわけではないよう。

大量に食べるのがよくないのであって、数週間食べるのをやめてみて、その後も大量に食べるのを気をつければいいみたいです

 

食べられないもの多すぎな印象の「レクチンフリー」をやるメリットは、荒れまくった腸内細菌を整えること

ぶっちゃけ、ここまで神経質になるのもどうかな、と思いますが、個人的にレクチンが多い食材に引っかかることが…

レクチンフリーをやる理由

以前、受けたメタトロンで「食べないほうがいいもの」にレクチンが多い食材が多かったのが、気になっています

メタトロンは波動測定で、負荷が多い臓器などを特定してくれ、身体に合うもの、合わないものも教えてくれます。ドイツ、ロシアで保険適用になっているので、信頼性も高いです(台湾も取り入れ始めているところ)

メタトロンの波動を測定
メタトロンで波動を診断。グルテンフリーを本格化する前に受けてみたこのブログでは「食べ物」→「腸」→「脳」へ行くことで、発達障害が起きてしまう(遅発性自閉症)ことや、下痢や便秘などの症状で、発達障害が悪...

 

あまりに食べられないことに意識が向くとシンドいので、自分の身体を使って実験している遊び感覚です

食のパラドックスには数週間の食べるものや、メニュー、レシピにアクセスするURLなどがついています

レシピも数日分をつくって、冷凍保存をオススメしていたり、マグカップで数分で作れたりするマフィンのレシピがあったりと、楽しめそうな感じです

ただ、そこまで真剣になりすぎずに、ゆるくが基本です

created by Rinker
¥1,944
(2018/12/16 00:31:08時点 Amazon調べ-詳細)