MENU
メンタル

「恥をかくのが辛すぎ」…羞恥心が強すぎて、一歩を踏み出せない…!

恥をかくひとたち
もー、本当に恥をかくのが無理…

 

恥をかきたくないから、○○できない」

 

↑とにかく臆病なわたしは、この気持ちが異常につよいです…

 

しかも一度、恥をかくと「恥をかいたシーン」を何度も反すうしてしまいます

恥をかくと、何度も反すうしてしまう

恥をかいたことを反すうする女性

恥をかいたシーンを反すうしてると

「誰もそんなに見てないよ(覚えてないよ)」

と言われることもあります。それでもグルグル思い出しては、いたたまれない…

 

くわえて共感性羞恥で、恥をかくことに抵抗がパワーアップ…

【共感性羞恥】…他人の失敗をみて、自分のかいた恥のように感じてしまい、いたたまれないこと

 

自分じゃない他人の恥をみて、ますます「恥をかく」ことに恐怖感が増す負のサイクル…

 

恥への異常な恐怖心パワーアップするプロセスを辿ると

  1. ふいに恥をかく
  2. 恥をかいたシーンを反すう
  3. 「他人の恥」まで自分のことのように感じてしまう
  4. 「恥をかく」ことへの恐怖が増す
  5. 自分だけが恥をかいてばかりいるように思えてくる
  6. 恥をかくのが必須な「未知への挑戦」ができなくなる
  7. 恥をかいたことも受け入れられなくなる

そして、恥への恐怖心が悪化しすぎて「恥をかいた」ことも受け入れられない状態に…(もはや恥をかいても、学習しない始末)

 

こんな調子で、恥をかきたくない余り、ナニも挑戦しない年月が経過…

 

恥をかく人ほど「進歩」が爆速

恥をかいて、進歩する女性たち

しばらくして、ふと周りを見回すと、恥をかきまくった人の方が、自分よりずーっと先に進んでいることに気づきました

 

「恥をかく=悪いこと」だとばかり思っていましたが、「恥をかく=急成長トリガー」だったのか!

 

「恥をかく=悪いこと」

「恥をかく=急成長トリガー」

 

 

とにかく、恥をかいたほうが進みが早いです(振り返ると、歴然)

 

 

けど、シゴト場で恥をかいたら問題だし、立ち直れない…

 

その場合は恥をかいても受け止めてくれる環境で慣れましょう

 

✔恥をかいても受け止めてくれる環境で慣れる

 

恥をかいても笑って朗らかに受け止めてくれるひとがいないと、シンドいです

そういう人で周りを固めてみましょう

 

 

「恥をかく自分」を覚えていない

無慈悲なことをいうと、他人はいつまでも覚えていてくれるほど、自分への関心はないです

 

「恥をかいたこと」なんて誰も覚えていないことがほとんど

 

 

最後に、すでにお気づきの人も多いでしょうがSNSで活躍するひとのほとんどは

「恥をかく」→「共感を得る」→「富が集まる」

という流れで、恥をかく正直者に富が集まる時代が到来しています

恥をかけばかくほど、稼げる「共感性資本主義」時代が到来

 

河崎純真さんがいうブロックチェーンとは
河崎純真さんが語る「共感資本主義」とは。ブロックチェーンを噛み砕くGFTD高崎に2018年11月から、通いはじめて「河崎純真さん」の名前を聞かれることが多く、GFTDの創業者である河崎純真さんについて、...

 

とにかく成長するには「恥をかく」ほうが手っ取り早いので、どんどん恥をかいていきましょう