発達障害の改善

サプリメントのリスクが気になったので、各方面の意見をまとめた

サプリメントと食べ物を比べる

先日から、栄養不足による発達障害説が濃厚だなと思い、サプリメントを補給する生活を始めたわけですが、

メガビタミン療法のサプリ
【分子栄養学】発達障害の改善に「メガビタミン療法」を試してみるこの記事は、発達障害の改善に分子栄養学の「メガビタミン」を試してみよう、という記事になります 私の簡単な経緯は 発達...

サプリメントの大量摂取はどうなのか、気になるところですね(というか、大量に摂取できるほど胃が丈夫ではないのが本音)

もともとサプリは怪しいというか、食事から摂取する方がいいと思っていました

が、「糖質過剰」によって起こるタンパク質と食物繊維不足は想像以上に深刻です(女性はこの他に鉄も)

 

わたしはグルテンフリーとカゼインフリーのクッションを踏んで、糖質をほぼ摂らないようになりました

すると普通なら、お腹が空いて、他の栄養素で満たされるはず。

なのにストラテラによる食欲低下のため、食べることを忘れてしまうほどなんです

もともとストレスで、過食気味だったので、ちょうどいいかと思ってましたが、痩せ願望による栄養不足は、想像以上に深刻です

この記事ではサプリメント推奨派の藤川徳美先生と、

サプリメントに注意するよう呼びかけているパレオな男の鈴木裕さん

の主張を比べつつ、サプリを摂取していいのかどうかを考えたいと思います

  • 藤川先生
  • パレオな男(数々の論文を読み込まれていて、著書に「服用厳禁」があるため参考になる)

ちなみに個人的な体感としては、グルテンフリーから糖質ゼロになるにつれて、目覚めがスッキリして、集中力も格段に上がり、生活の質(QOL)が以前とは比べ物にならないほどになりました

ですが、アレルギー(慢性蕁麻疹)と不安症を減らしたい。そしてストラテラを飲まない生活を目指してます

ストラテラを渡される人
【ストラテラ120mg服用中】2年しか服用できない説。動悸がするこんにちは、大人になってから発達障害と診断された、ぷり子@puriko_adhddです 以前「SNS疲れ」を起こしてから、遠ざかっ...

サプリメントを毎日、摂取してる人の根拠

サプリメント

藤川先生の病院に訪れる患者の大半が、栄養不足による貧血を抱えており、とくに発達障害の原因に「鉄不足」の可能性を強く主張されています

事実、「産後うつ」になるひとは、子供を出産すると、フェリチン値という血液の貯金が半減してしまうため、産後うつになってしまうという説があります

なので藤川先生の病院では、フェリチン値が低いひとに、積極的に鉄をサプリで摂るよう指導している模様。

ですが、気になるのがフェリチン値を100必要、と伝えている説に反論が出ている件。

フェリチン値は30で十分だという意見も、ちらほら。

実際に藤川先生が飲んでいるサプリの量はこちら↓

正直、引くほどの量ですね。サプリの飲み過ぎで、腎臓への負担がどうなのか、心配なところ

ですが先生いわく、いま出回っている野菜に栄養はほとんど含まれておらず、単なる嗜好品とも。

それと、糖質をほぼ摂らない「タンパク質」がメインの女性ですら、サプリメントに効果を感じられず、藤川先生のススメでプロテインを一緒に摂るようにしたら、サプリの効果を実感したとのこと

サプリメントはリスクが高いから、止めておくべき?

サプリメントじゃなくて、食べ物から栄養は摂るべき

パレオな男さんで有名な鈴木裕さんは、さまざまな論文を読まれていて、サプリメントへの警告を著書「服用危険」のなかで、述べています。

パレオな男さんが飲むのをオススメしないサプリは以下のもの。

  • マルチビタミン
  • ビタミンC
  • カルシウム
  • ビタミンA/βカロテン
  • フィッシュオイル(DHA/EPA)
  • ビタミンE
  • ビタミンB

ちなみに、体感として「ビタミンC」は体力消耗して風邪を引きそうなときに、飲むと風邪を予防できることを実感しています。パレオな男さんも「アスリートのような運動をしていなければ、ビタミンCは不要」とおっしゃっているので、状況をみて緊急時には飲むべきか、判断したほうがいいと思います

created by Rinker
¥1,296
(2018/12/16 00:31:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

個人的に、足りてない栄養素を食事から摂るべきなのは猛烈に賛成です

が、食事から摂れないひとがやむを得ず、サプリで補うのは、栄養が不足して原因不明の不調に悩まされるくらいだったら、摂ったほうがいいと思っています

理想は、サプリの大量摂取に危機感を抱き、食事の栄養に気を配るようになっていくことかな、とも思います

服用危険でサプリメントにダメ、というレッテルを貼っているパレオな男さんでも「パレオダイエット」で飲んだほうがいいサプリを厳選。そのサプリが以下↓

  • プロバイオティクス
  • レジスタントスターチ
  • ビタミンD

プロバイオティクスをオススメする理由は「腸内細菌」に有効で、発達障害の関係も腸内細菌と深い関係が、たびたび報告されています

ADHD脳と腸
ADHD脳は「腸内環境」に支配されている。腸から脳への伝達に注目!ADHD脳は遺伝でしょ?と思うひとも多いかもしれませんが、発達障害を抱えるひとに「胃腸」の疾患が多くみられていることが分かっています(と...

 

プロバイオティクスがいい理由

参考までに、パレオな男さんが飲んでるプロバイオティクスを紹介しておきます

が、人それぞれ腸内細菌は違っています

なので、試してみて「調子がいいかどうか」を観察。効かないようなら、他のプロバイオティクスを試すのを繰り返す必要があることに留意してください

 

レジスタントスターチ

レジスタントスターチは食物繊維が不足しがちな人にオススメ。

腸内にすむ細菌のエサになり、お腹の調子を整えてくれます

 

ビタミンD

日中、室内にこもりがちな現代人に不足するビタミンD。ビタミンDが多く含まれる食べ物が、干し椎茸、切り干し大根からも分かるように、日照りになったものにビタミンDは多く含まれます

アレルギーの原因ともいわれているビタミンDなので、花粉症や皮膚疾患に悩むひとには必須の栄養素かもしれません

 

サプリメントのリスクを追求してる論文

サプリメントを分析してる人

パレオな男さんの注意喚起をよく読むと、大きな病気になる数%のリスクを摂りたくなければ、サプリは摂らない方がいい、という意見です

実際、自分でも英語の論文検索をしてみると、メタ分析(たくさんの実験データを集めて、大きな結論を出すもの)では、癌になるリスクを数%低める、またその逆で数%のリスクを高めるというリスクが微細なものが多い印象でした

(ちなみに、女性の慢性疲労についての「鉄サプリ」は有効と伝えている論文はすぐに出てきました →参考:経口鉄療法は、血清フェリチン濃度が50μg/ lの非貧血女性の原因不明の疲労を軽減した

 

大前提は、食事からの摂取ですが、自分の身体を観察しながら、よく食べるものの栄養素だけでも確認しつつ、不足する分をサプリメントで補給していくのがよさげな印象です

正直、体感として食事に気をつけていても、必要な栄養素を食事でまかないきれるのか、分からないのが本音です…

身体の修復には時間がかかります。集中的に、サプリでこれまでのヒドい栄養不足を解消できるなら、試してみる価値はあるのかと。

自分の身体の変化をよく観察しつつ、必要に応じてサプリを摂る