ライフスタイル

タイはオーガニックのお菓子が多い。食事療法もやりやすそう

タイのオーガニックのお菓子のマーク

タイのバンコクに来てますが、思った以上にオーガニックのお菓子やらなにから、オーガニック食品が多いです

そしてすごく安い…タイに到着して、すぐのとき「スワンナプーム国際空港」のセブンイレブンで買った

  • バナナ
  • 生アーモンド
  • ドライアプリコット

を買っても、日本円で280円くらい(日本のコンビニでこれだけ買ったら、700円くらいしそう)

タイはオーガニックのお菓子が多くて安い

 

↑はトンロー駅から歩いてすぐのとこにある、オーガニックスーパー「レモンファーム(Lemon Farm)」にあったお菓子です

初めて目にするお菓子ばかりで、興奮。

小さい頃に1回だけ行った欧米のスーパーは、砂糖まみれのグミとか、色も人工的すぎて、規格外の大きさを誇るお菓子が多いので

「グルテンフリー」「オーガニック」「トランス脂肪酸ゼロ」「ノンフライ」など丁寧に書いてあるお菓子が海外で買えるとか…(感動)

 

ただ、このオーガニックスーパーにタイの人はあまり来ていませんでした

 

 

そもそも、町中にある「タイ料理」は、米がメインなので、グルテンフリーも何も必要ないのかも?

 

町中のそこそこ知名度がある食堂で食べたカオマンガイ(細い白米の上に鶏肉が載っていて、辛いソースをかけて食べる)は、驚きの141円。

 

タイの町中ではオーガニック市場が開かれてる

SIMカードを手に入れようと、道に迷ってるときに見かけたショッピングモールの前で開催されているオーガニック市場↓

 

とくに土日でもなく(この日は金曜でした)大々的に開催

 

それとシーロム駅付近ではないですが、市場を散策してみると、本当に食材が豊富で安い…

 

↑この「カノム・マン」は甘すぎずに、美味しいので、リピートしてしまいそう

いちごも宿に帰って、食べてましたが、美味しすぎる

(日本のいちごよりも、自然な甘さ)

 

タイはオーガニックだけではなく日本食も充実

そして、タイに来てみて意外だったのは、日本食が想像以上に豊富なこと

 

↑ここは「シーロムコンプレックス」というショッピングモールで、地下に行くと

  • 一風堂
  • 和食(魚定食)レストラン
  • とんかつ「まい泉」
  • ヴィーガンレストラン
  • ペッパーランチ
  • 豆乳ソフト
  • TOPSというスーパー
  • Coco壱
  • フジレストラン

など。生活雑貨も

  • ダイソー
  • 無印良品

など、お馴染みの店があります

 

日本だと、地方に住んでるので、なかなかお目にかかれない「ヴィーガンレストラン」に入ってみました

オーガニック食品を取り扱う食堂

(↑看板に吸い寄せられてしまった…)

 

トマトパスタですが、味は美味しいけど、野菜の麺が固めの食感で、口の中でモゴモゴしました(ヴィーガン料理ってこういうもの?)

とにかく看板に惹かれて、入ってしまったので、お値段がけっこういってしまう

 

タイのバンコクに来て、まだ3日目ですが、全体的に多国籍の町になってます

  • 都市の洗練された雰囲気
  • 南国のフリーダムな感じ
  • バックパッカー
  • 優しい国民性

など色んなものが混じり合って、タイの大らかな雰囲気のなかで、調和がとれてる印象です

(日本食を目にする機会も多いけど、白人がたくさん入っているレストランも多い)